うつ病

うつ病は、抑うつ気分、日常生活のほとんどに興味や喜びがなくなった状態が少なくとも2週間続くものです。

症状として、食欲、体重、睡眠の変化、気力の減退、無価値感や罪責感、思考、集中、決断の困難、繰り返して死について考えたり、死を計画、企図することがあります。

ストレスの軽減が必要であり、場合によっては休職などにより休養をとり、抗うつ薬の内服で治療します。精神的なサポートも、もちろん大切です。

パニック障害

「突然、強い不安、恐怖、または脅威がはじまり、もうすぐ自身に破滅が訪れるように感じる期間」をパニック発作といいます。この発作中は、息切れ、動悸、胸痛または胸部不快感・窒息感があり、自分自身のコントロールを失うことに対する恐怖があります。パニック障害は、予期しないパニック発作が反復して生じる結果、「またあの恐怖(パニック発作)におそわれるのではないか」と心配し、特定の場所や状況を避けるようになります。

まず抗不安薬やSSRIを内服しパニック発作が生じないようにコントロールし、回避していた場所・状況へは少しずつ接するようにします。

社会不安障害

恥ずかしい思いをするかもしれない社会的状況(場面)や行為、状況に対する、強く持続的な恐怖を抱くことが社会不安障害の基本的な特徴です。恐怖している社会状況に接すると必ず不安の反応がおこります。中には自宅からほとんど外出できない方もおられます。

全搬性不安障害

半年以上にわたり、多くの出来事や活動に関しての過剰な不安と心配が起きる日が起きない日よりも多いという特徴があります。本人はその不安・心配を自分自身でコントロールすることが難しいと感じており、不安・心配には落ち着きのなさ、疲労しやすいこと、集中困難、いらだたしさ、筋肉の緊張、睡眠障害を感じます。

この障害をもつ人は多くの場合、仕事の責任、経済状況、家族の健康、子どもの不幸、日常的な生活環境について心配することとなります。

不眠症

生活習慣・生活環境や体の病気やうつ病・不安障害などのメンタル疾患との関連性を考慮して治療を進めます。

過敏性腸症候群

緊張する場面になる、またはその場面を予測すると、下痢または便秘が生じ、トイレにすぐに行かないと落ち着かない状態となります。

本人なりの対処方法をお持ちの方もおられますが、ほとんどの方は日常生活・仕事上で苦労し、苦痛を感じておられます。